紳ちゃん(京都) 

(写真・動画はクリックすると拡大します)

京都あっちこっち(まとめ)(https://kyo.sen-it.net)もご覧ください

長刀鉾稚児社参

児と補佐役の禿
お位もらいが終わると、お稚児さんは公の場では地面に足をつけることが許されなくなり、
「強力(ごうりき)」と呼ばれる男性の肩に担がれて移動します

naginata-chigo

久世駒形稚児社参


kuzekomagata 神幸祭、還幸祭で神輿の先導役を務める、
久世稚児の「社参の儀」です
久世稚児は、馬の頭をかたどった神体「駒形」を胸にかけることから、
駒形稚児とも呼ばれます
八坂神社とゆかり深い綾戸國中神社から選ばれた二人の男児
八坂神社にお参りし、祭の無事を祈ります

鉾立3日目・曳き初め

3nichime

菊水鉾 鉾立2日目

菊水鉾の鉾立2日目です
11AM 9:12 にトラックが到着し、鉾の材料を下します




して、
9:47 作業スタート9:57 車輪・石持到着
鉾を倒すための支点となる丸太を取付、櫓を倒す
真木に榊を取り付ける
singi 
syarin
倒す真木を鉾に差し込む
真木に鉾飾りを取り付け
天皇台を取り付け
榊に紙垂を取り付け
清めの儀式 いよいよ神木を立てます
榊が電線に引っかかりますが、かまわず立てます
立ち上がると次は石持の取り付け
石持は450Kgぐらいあるそうです
主軸を取り付け、車輪を取り付けます
カバーをかけて、終わりです今日の作業は



真木差し込み
立ち上げ
車輪つけ

菊水鉾 真木と本体

kikusui-hanyu 真木がだんだん出来上がっています
トラックに乗った鉾の本体(櫓)が運ばれてきました
 この櫓は竹田工務店で作られます
 また、鉾立全般の作業は竹田工務店の方々が行います



鉾立の予定時刻は3時半でしたが、トラックが着いたのは4時半でした

鉾立が始まる

hokotate いよいよ前祭りの鉾立です、
長刀鉾 月鉾 函谷鉾 鶏鉾 菊水鉾の5基の鉾は
今日から鉾立です、
放下鉾、岩戸山、船鉾は明日から鉾立です

神用水清祓

syosui-kiyoharae「神用水清祓式」は、祇園祭の重要な神事のひとつ。
南座の東およそ60mにある仲源寺から四条大橋に向けて出発。
斎竹(いみたけ)が建ち雅楽が奉でられる橋上より
桶を垂らして鴨川の水を汲み上げます
汲まれた水は川端通沿いの遊歩道に設けられた祭壇に奉安され、
御祓いで清められたのち、当夜に催行される「神輿洗式」に使われます
六つの桶の3つは川端道理沿いの祭壇に、残り三つは仲源寺に保管されます

御手洗井準備(9日)

烏丸錦上がるにある御手洗井 かつて祇園御旅所があり、
祭られている牛頭(ごず)天皇に、 毎日この井戸の水を霊水として供えていたという
毎年7月14日から24日まで井戸が公開される mitarai

綾傘鉾の稚児社参

chigo-syasan 長刀鉾の稚児社参に続いて、綾傘鉾の稚児社参です
来週には久世駒形稚児社参があります



いよいよ我が家にも

いよいよ我が家にも避難準備命令が
高齢者等避難開始発令されました(私は該当者です)
eriamail-2
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

紳ちゃん

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード