「早苗振(さなぶり)祭」とは、農家が田植えを済ませた頃に行う、
早苗が順調に成育することを祈願する祭事です。
その後行われる「湯立祭(湯立神事)」では、神前でお湯を沸かし、
巫女がその熱湯に笹の葉を浸して、自分の身や参列者にふりかけ、
神の託宣を得る神事が執り行われます

参拝は普通の神社では2礼2拍手1礼ですが
この神社では3礼3拍手1礼です
神社参拝は三礼三拍手一礼が日本古来の作法だそうです

hajijinjya-yudatekagura