神の使いとしての稚児は公式には地上を歩かず、
屈強な強力(ごうりき)が稚児を肩にし鉾の上まで昇る。
Inaginata