清滝から高雄まで、何度も歩いていますが
清滝違ったところが見たいと思い、行ってきました
清凉寺近くでバスを降り、二尊院、化野念仏寺の前を通って
鳥居本へ、ここで街並み保存館に立ち寄り
清滝に向かって歩きます
愛宕念仏寺の前を通って、清滝トンネルの入口へ
このトンネルは愛宕鉄道平坦線(嵐山ー清滝:複線)が
使っていたトンネルです
今回はトンネルを通らず、試峠(こころみとうげ)を通ります
峠を越えて下ると清滝です、

空也の滝
京都バスの回転場所が愛宕鉄道の終点です、
川の近くまでに降りて、橋を渡り
愛宕神社の鳥居横の広場が、愛宕ケーブルの駅です
一直線に延びるケーブル線路跡(線路のわきの石段等)が残っています

清滝川に沿って、歩いていくと、高雄分岐があります
清滝ー高雄 ここから月輪寺分岐まで進み
空也の滝 へ登っていきます
滝は水量も多く、すばらしい滝です
長さ12メートル幅1メートルで京都近郊では最大級
近くには行者の道場がある
ここから元に戻って、高雄分岐から高雄方面へ
神護寺入口を通って、西明寺まで行き、
お経坂峠を通って、高雄病院まで歩きました
嵐山ー空也の滝の標高差は約200m
総距離は13.4Km 移動時間2時間58分(総時間3時間9分:休憩・撮影を含む) 16,977歩でした
平日のため、出会う人はほとんどありませんでした
高雄分岐から月輪分岐へ歩いていると、郵便配達のバイクが追い抜いていきました
バイクが月輪分岐に止めてあったので、ここから月輪寺まで歩いて配達か?