雲海の備中松山城が見たくて行ってきました
(松山城・高梁は行ったことがあります)
まず行ったのが吹屋です(松山から北西25Km)
江戸時代に銅山の町として栄え、ベンガラ(便柄)の生産で栄えました
三菱金属の鉱山がありました

高梁市内に戻ってきて、散策です
市内から松山城はちょっと見えるだけです
備中の中心地として栄え、松山城、頼久寺、武家屋敷などがあります

松山市内1 お城に近いほど位が高い人が住んでました








翌日は6時半にホテルを出発し、雲海に浮かぶ松山城を見に行きました
松山城(雲海) 雲海が発生する時期は、10月下旬~12月上旬の早朝には濃い朝霧が期待できるそうです
この日は条件ぴったりで、見事な雲海でした



松山城 今度は松山城に上がります、バスでふいご峠まで行き
ここから上りです、700m(約15分)です
一度行ったことがあります(2013年6月)



上庭滝・勝山・普門寺 次は神庭(かんば)の滝です、真庭市(高梁の北にある真庭市) 高さ110m、幅20mの断崖絶壁を落下する滝で、西日本一だそうです
次は、勝山の町並み保存地区を見てきました(出雲街道の要衝でした)
最後は普門寺(真庭市の南)を見てきました 四季桜(一年のうちに数回花を咲かせる)を見てきました 紅葉と桜が同時に見れます