紳ちゃん(京都) 

(写真・動画はクリックすると拡大します)

京都あっちこっち(まとめ)(https://kyo.sen-it.net)もご覧ください

京都

八神社 湯立神楽

「早苗振(さなぶり)祭」とは、農家が田植えを済ませた頃に行う、
早苗が順調に成育することを祈願する祭事です。
その後行われる「湯立祭(湯立神事)」では、神前でお湯を沸かし、
巫女がその熱湯に笹の葉を浸して、自分の身や参列者にふりかけ、
神の託宣を得る神事が執り行われます

参拝は普通の神社では2礼2拍手1礼ですが
この神社では3礼3拍手1礼です
神社参拝は三礼三拍手一礼が日本古来の作法だそうです

hajijinjya-yudatekagura   

祇園ばやし

函谷鉾

船鉾

千本釈迦堂 風鈴祭

千本釈迦堂の開基、小野篁が、風となって冥界に行き、
閻魔大王と会い、再びこの世に戻ってきたことに
由来する祭
DSC04791

ビル解体工事

DSC04786 もうすぐ終了です

御霊神社の茅の輪

100MSDCF 御霊神社(上・下)の茅の輪を見てきました

地下鉄を鞍馬口でおりると、すぐ近くに
上御霊神社です、ここの茅の輪は四角張っています

御所の中を歩いて、下御霊神社へ
ここの茅の輪は普通の形でした


michi 雨が降ったりやんだりでしたが

鞍馬口から、歩いて、家まで 6.0Kmでした

祇園祭 記念フェスタ

京都のSUINA(京都産業会館)で祇園祭 記念フェスタがありました
鉾頭や緞帳が展示されていましたgionmaturi-kinen-fesuta

京都祇園祭(特別展)が来年3月24日-5月17日の間
京都文化博物館(三条高倉)で開かれます
ただし入場料が1,500円とお高いです

粟田神社の茅の輪

awatajinjya 行ってみたら、茅の輪がありました
掃除している人に聞くと、昨日作ったそうです
来年28日10時から行きます

吉祥院天満宮 茅の輪

9時半に着いたときには、茅の輪はありました
今朝早く又は昨日、
運び込んだと思われます

吉祥院天満宮 茅の輪
kissyoin-chiowa

夕焼け

DSC04782 きれいな夕焼けです

三弘法

三弘法を巡ってきました
バスです、堀川松原から9番で神幸院へ、
次に9番で堀川今出川へ
次に59番で御室仁和寺へ
続いて、26番で四条大宮へ
ここから206で東寺へ、(弘法の市を見て、
バス停前でおいしそうなタイ焼きを買いました)
東寺東門から206で四条新町へ
ここから自宅へ
かかった時間は3時間半でしたが、ほとんどがバスで
バスを待った時間は合計で30分程度でした
思ったより時間がかかりました

sankoubou






京都三弘法まいりは江戸中期頃に始まったとされています

弘法大師 にゆかりの深い三つの神社をお正月の三が日にお参りすれば、その年の厄を逃れることができるといわれ始まったとされています。

また、四国八十八ヶ所霊場 へ出発する時、東寺では(菅笠)神光院では( 納札箱)仁和寺では(金剛杖)

を準備して旅の安全を祈願しました。


sankoubou1
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

紳ちゃん

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード